2016年12月10日 投稿

ビーズやパールの止め方(丸ヤットコの使い方)

先日のブログでも書いていた「ビーズやパールの止め方」についてご紹介します。 アクセ作りは独学なので「このやり方、違うくない?」っていう点もあるかと思いますがその点はお許しくださいませ(*‘ω‘ *) これから「アクセサリー作りをしたい」と考えてらっしゃる方にお役に立てれば幸いです♪

532 view

今日は、こちらの材料を使って説明をしていこうと思います♪

付けたいパーツ(ビーズやパールなど)とピンを準備します。
ピンは大きく2種類分けて「Tピン」と「9ピン」があります。

「Tピン」の「9ピン」違いについて簡単に説明します

9ピンの仕上がり写真はこんな感じです。

この写真は2016年11月24日に公開した
「新作制作中です!アクセの作り方もちょっとご紹介♪」のものです。
記事URL:http://www.suntoro.net/bolg/recipe/247.html

パーツを留めるために必要な道具は「丸ヤットコ」です

手芸店やネットで購入可能です。ホームセンターには置いていない可能性があるので手芸店がおすすめです。
値段はピンキリですが、平均 1,000円以下で購入できるものが多いと思います。
写真では分かりにくいかもしれませんが、円錐の棒2本がついています。

「丸ヤットコ」の使い方を説明していきます
1.使いたいパーツとピンを用意してください。

MEMO ピンの種類は用途に合わせて選んで用意してくださいね。

ピンの先端を巻くときに約7mm~8mm必要になります。
「留めたいパーツの長さ+8mm」以上のピンを選んでください。

2.パーツにピンを通します。

POINT パールやビーズには「片穴」「両穴」のタイプがあります。ピンを使用する場合は「両穴」のパーツをご準備下さい。

3.パーツのトップに合わせてピン曲げます。

POINT この時に曲げた位置とパーツに隙間があるとパーツがきれいに固定できません。なるべくパーツのぎりぎりで曲げてください。

4.ピンを巻くのに約7~8mm必要なので測って下さい。
慣れてくるとだいたい分かるようになります。

POINT ピンは様々な長さのものが販売されています。
選び方は「留めたいパーツの長さ+8mm」以上のピンを選んでください。

5.さきほど測った位置で余分な長さをカット

POINT ピンをカットするときに余分な部分が飛んでいかないように注意してください。

飛んでしまうと、見つけるのが困難な上に床などに落ちると踏んでケガする場合もあるのでカットする場合は注意してください。


※特に小さなお子様がいらっしゃる場合は特に注意して下さい。

6.パーツを指でしっかりと固定して、ピンの先を丸ヤットコで挟みます。巻き方の説明は次の図をご覧ください。

POINT ピンを曲げる時力がかかるのでパーツをしっかりと持って下さいね。

丸ヤットコで挟んでピンを巻く方法
仕上がりはこんな感じになります!これでパールやビーズを付けることができるようになります(*‘ω‘ *)
今回はパーツ1つを通して説明しましたが、長いピンを使えば複数のビーズやパールを組み合わせて留めたりすることも可能です!
9ピンでも先端の巻き方は同じなのでいろいろなパーツと組み合わせて下さいね♪
丸ヤットコで上手くピンを丸められない!って方へ
私もアクセサリー作りを始めたころ悪戦苦闘しておりました(;´Д`)
きれいに輪にならない!!
そんなときに見つけたのがこちらの丸ヤットコ!
片側は通常の丸ヤットコと同じですが、もう片側は「円錐」の受け皿状の支えが付いています(*^^*)
これで挟むと受け皿の溝にそってきれいな輪形にまがります!太めのピンを使うときは今でも重宝しています♪

Amazon アネックス(ANEX) ステンレス製 ラバーグリップヤットコ ピン曲げタイプ No.256

いろいろな手芸店でも見ましたがAmazonのほうが安かったので私はAmazonで購入しました♪
通常の丸ヤットコより少々お値段はしますが、仕上がりはけっこう綺麗にできるのでおすすめです!

Conclusion 今回は自分なりに詳しく書いたつもりなのですが、解説はまだまだ初心者なので読みにく部分があったり写真が見えづらいかもしれませんがお許しください(*‘ω‘ *) また、今回のような解説記事も書いていこうと思っておりますのでお楽しみー(*^^*)♪

ARTICLE END... では、またお会いする日まで★suntorokinshiでした('ω')ノ
最後までご愛読ありがとうございました♪ お時間ある時はのぞいてやって下さい(*‘ω‘ *)

2016年12月10日 投稿

RECENT ARTICLES

ACCESS RANKING

GALLERY NEW PHOTO

CATEGORY

TAGS

RELATED ARTICLE
作品は上記のハンドメイドマーケットサイトにて販売しております♪

※複数サイトで販売しているため入れ違いで売切れになる場合がございます。予めご了承ください。


PAGE TOP